【転勤族必見】転勤により子供に与える影響って?

ビジネス

こんにちは。マサシンです。

僕は転勤族。転勤族サラリーマンならではですが、

「転勤するときに子供に与える影響ってどのくらいあるのかな?」

悩んだことはありませんか?

実はこの記事で紹介する転勤をするときに子供に与える3つのメリット・デメリットを知ることによって、必ずしもマイナスではないと思えることができます。

なぜなら僕が実際に転勤して体験した内容を今回解説するからです。

この記事を読み終える頃には、転勤は考え方次第では子供にとっても良い影響を与えることもあるし、自分の成長にもつながるので、新しい選択肢を持つことができるようになります。

ではまず3つのメリット・デメリットについて解説していきますね。

【転勤族】子供への影響①【子供の性格】

「メリット①:順応性が高くなる」

環境が変わると、その場所に慣れようとしますよね。

  • 「休み時間はみんな何をするのかな?」
  • 「今はやっている遊びは何なのかな?」
  • 「授業はどんな雰囲気なのかな?」

などなど。

そういった事を考えながら、「新しい環境に馴染んでいくことを、多く経験している」ことは、大人になってからも、「順応性が高いという強み」に繋がるかと思います。

「メリット②:社交的になれる」

大人になってからもそうですが、人との出会いが多い人は、「明るく社交的な人が多い」イメージです。子供の時から、新しい人と会う機会が多いと、「友達と仲良くなっていくチャンスが多い」ということ。

上手く仲良くなれば、「本人の自信」にもつながります。更に言えば、結果的に、「物事の考え方の視野が広がっていく」ことになるかと思います。

「メリット③:思いやる気持ちが高くなる」

すでに形成されたコミュニティーに一人で入っていくことは、非常に勇気のいることです。そういった、勇気を出して一歩進む経験が多い人は、「相手の微妙な心の変化に気づく感度が高まる」ようになります。

そういった人を「自分もそうだったよな」と、相手を思いやる気持ちが出てくると、「他人思いの、優しい人間になれる」と思います。

「デメリット①:孤独感が強くなる」

慣れてきて楽しいな~と思っているときに、転校となり、新たな環境になると、「今まで築いてきた人間関係がリセット」されます。それにより、虚しく感じてしまうこともある。子供にとって、一番ツライことかもしれません。

「デメリット②:深い付き合いが出来なくなる」

やはり、転校が多いと、「広く浅くという人間関係」になってしまいます。「いわゆる親友と呼ばれる、深く付き合える人が少なくなる」ということは、大人になったときに考えさせられる悩みにつながるのではないでしょうか。

【転勤族】子供への影響②【子供の悩み】

「子供の悩み①:イジメ」

決してあってはならないことですが、子供は幼いですからイジメという行動に走ってしまう可能性はあります。親としては、正直想像するだけできついですよね。そういった場合は、「再び転校するなどといった選択肢もアリ」だと思います。

「たくさん選択肢があるんだよということを、子供とも共有すること」できればベストかと思います。

「子供の悩み②:授業のレベル」

地域によって、重点課題や教育方針など様々です。

それにより、授業についていけなくなるパターンが発生します。

もちろん、逆のパターンでは問題無いかと思いますが。

「子供の悩み③:方言」

地方に転校となると、独特な方言があります。やはり、コミュニケーションは会話で成立しているので、その際に、「ちょっとした違和感があったりすると、話しにくくなる」ことになってしまうケースもあるようです。

【転勤族】子供への影響③【 単身赴任のタイミング】

転校のタイミングはいつが正解ということは無いかと思いますが、統計上は、「小学生のうちに、さらに言うと低学年の頃が最も多い」ようです。 ですが、大きくなってくれば、親よりも、友人関係を重視するようになってくることもあります。

各家庭での考え方や、将来の展望によって、変わってくるものであり、正解というものはありません。

おわりに

今回は、転勤族の子供への影響についてまとめました。

  • 「転勤族だからこんな性格に・・・」
  • 「転勤族だからって、何でこんな悩まなくちゃいけないの・・・」

悩むのは当然です。転勤の場合は、「子どもの世界をまるっきり変えてしまう」のですから。

しかし、プラスに考えると、「多くの場所で、多くの友達と出会い、多くの経験をする」ことが出来ます。 大事なことは、「親がしっかりと子供の気持ちを受け止めてあげること」

家族全員が悩んで決めたことなら、どんな決断であろうと、きっとうまくいくはずです。「選択肢は多くあるんだ」という意識を持っていっていただければと思います。

本日は以上になります。

コメント