【夫婦喧嘩】子供の前で喧嘩しまった時のフォロー方法

育児

こんにちは。マサシンです。

みなさん、「子供の前で夫婦喧嘩」していませんか?気まずい雰囲気の時に、どう子供に話しかけたらよいか悩んだことはありませんか?

実は、この記事で紹介する「子供の前で喧嘩してしまった時の4つのフォロー方法」を実施すると、子供の心の傷が残らず、親への信頼感が増すといった良い効果が期待できるんです。

この記事では、子供の前で夫婦喧嘩をしてしまった時の、親として実施すべきフォロー方法を4つ挙げています。

この記事を読み終えると、仮に夫婦喧嘩をしてしまったとしても、子供へのフォロー対応次第で、お互いの気持ちや考えを知り、認めていける関係を築けるでしょう。

それでは、フォロー方法について見ていきましょう。

【夫婦喧嘩】子供へのフォロー方法① 子供にまず謝る

子供は大人が思っている以上に、その場の空気を察します。夫婦喧嘩を見てしまうと、自分が原因なのではないかと疑います。ピリピリとした空気の中に、いつもとは違うパパとママの怒鳴り声や感情的な声が響いたら、それだけで子供は何か怖くて悲しいことが起こっていると察知して、委縮したり泣き出したりしてしまうかもしれません。

夫婦喧嘩を子供が見ていることに気づいたら、喧嘩を脇に置いて、怖がらせたことや悲しませたことを素直に口に出して謝り、子供が落ち着くまで見守ってください。そして、この喧嘩は子供のせいではないことを伝えてあげてください。

自分のせいではないということが分かると、子供は安心できます。もちろん、夫婦喧嘩を見てしまうことによって子供は傷つきますが、自分のせいではないということで、少しは気持ちが落ち着きます。

【夫婦喧嘩】子供へのフォロー方法② 喧嘩の原因を説明する

子供に言える範囲で、夫婦喧嘩の原因について説明してあげましょう。大人であっても、相手がなぜ怒っているのか分からない場合、とても不安な気持ちになりますよね。それは子供も同じで、なぜ両親が喧嘩をしているのかが分からないと、不安になります。

夫婦喧嘩の原因を事細かに正直に話す必要はありませんが、子供が分かる範囲で、子供が理解できるように説明してあげましょう。「どうして、喧嘩になっているのか」を伝えれば、ひとまず子供は安心できます。

【夫婦喧嘩】子供へのフォロー方法③ 仲直りの姿を見せる

喧嘩の後に、「仲直りしている姿を子供に見せること」が大切です。子供は、両親が喧嘩している時、とても悲しく、不安な状態になります。 ここでパパとママがにっこりして握手すれば、どんな年代の子供の心も無事に落ち着くことでしょう。

そしてパパとママが自分を「ひとりの人格を持つ人間」として扱ってくれたことに、知らないうちに絶大な信頼感と安心感を持つことになります。

【夫婦喧嘩】子供へのフォロー方法④ 喧嘩の後は子供と笑顔で接する

喧嘩の後は、「いつも以上に笑顔で接する」ことを心がけると、子供は安心感を覚えます。その際に、覚えておいてほしいことがあります。それは、親から子供に、「仲直りした事実を伝えてあげる」ことです。実際に夫婦喧嘩を見ていた子供は「あの喧嘩はいったいどうなってしまったのだろう?」とまだ心のどこかで不安に思っているかもしれません。そこのフォローも必要になってきます。

おわりに

今回は、子供の前で夫婦喧嘩をしてしまった場合のフォロー方法を紹介しました。特に子供が小さい場合は、ちょっとしたことでイライラしてしまうものですよね。そんなちょっとした夫婦喧嘩で子供の未来をつぶさないよう、上手に気持ちを伝え合って、笑いの絶えない幸せなよい家族になってみてはいかがでしょうか。

コメント